ワタシの自慢。

サヨです。

皆さんこんにちは、こんばんは。

「ワタシ、お魚の食べ方にはちょっと自信あるの」

今までにこういう台詞、一度や二度聞いたことがありませんか?

魚食いの島国民族日本人にとって
魚をいかに綺麗に無駄なく食べる、は
誇れるべき特性・・・、はちょっと言い過ぎか。

なんにしろ、それを自慢にする人がいて
それを「すごい!」という人がまたたくさんいる事は
事実ですよね?

それふまえて・・・

実は先日、
魚一匹を塩焼きにしてとある家族にお出ししました。

その家族はお魚好き一家で(特にお父さん)
それはそれは綺麗に隅々まで
(縁側とか、目の下とか頭の身まで)
召し上がってくれていました。

見ているワタシも
「すごいなー!上手に食べるなー!お魚も嬉しいやろう」
と嬉しくなるほどでした。

その姿を窓越しに見ていた
ドイツ人カップル。

彼がおもむろに・・・

見てごらん、彼はとってもハングリーなんだ」

えー?

いや、まぁ。
確かにねぇ。

でも・・・なんかそういう言われ方されちゃうと・・・。

なんだか弁解(?)したくなりました。
「いやいや、ちゃうねん。日本人はね・・・。」って。

でも、何も言わずやり過ごしました。

いろんなお国柄が見れて
とっても楽しい雲海山。

おいでませ。