釣り後、雲海山で宴。

サヨです。
お久しぶりです。
皆さん、こんにちは、こんばんは。

さてさて今回は、
特に釣り好きさん、釣りバカさんの為のおいしいお知らせです。
以前、カヤックツアーをしている尾島さん(遊ぶのページ参照)が釣りの帰りにバラクーダとイカを手に「タケさーん、おいしくしてー。」なんて言いながら、やって来ました。
その時、タケさんが作ったバラクーダとイカの料理がいたくお気に入りだったようで
「やっぱり魚は和食で食べるのがおいしいねー。」なんて言いながら帰っていきました。

そして、先日・・・
尾島さんと、「良いのが釣れた!」というホクホク顔のお客さんが
雲海山にやってきました!
めちゃくちゃ大きいバラクーダとたっぷりのイカと共に!!

バラクーダとイカを前にしてまずタケさんが作ったのは「バラクーダの潮汁」!
アラの部分を使っているので頭の骨のすみずみまで深追いしたくなる味ですよ。

次に、お出ししたのが「バラクーダの宝楽焼」!
素焼きの入れ物で蒸し焼きにする料理方法です。
コレをポン酢で食べてもらいます。

そして、「バラクーダのタタキ」!
下ごしらえをしっかりと済ませたバラクーダをちょっと
あぶって、もみじおろしとポン酢で食べてもらいました。

最後に、バラクーダの「お寿司」と、とれとれのイカの「お寿司」!
新鮮なイカを使ったお寿司はほんっとうに、おいしいです!
ゲソの部分もちゃんと握りにしましたよ。ここがまたおいしい!

というような感じでバラクーダとイカの宴でした。
釣りの後は雲海山に釣れたお魚を持ち込んで宴!っていうのはどうでしょう?
自分で釣ったお魚をおいしく食べるには、やっぱり食べなれた和食の味付けがオススメです。

ただし、持ち込まれたお魚はさばいたり、下ごしらえに時間がかかります。
普通のメニューよりお待たせするかもしれません。
(なんせ、タケさんがかかりきりになってしまうので・・・)
込み合ってる時間は更に時間がかかる場合があります。
この事はどうかご理解ください。

それと・・・なるべく大きなお魚持ってきてくださいねっ。
頑張って大物釣ってください。お願いします!
雲海山では素材を持ち込まれた時の為に料理法別で価格表をご用意してます。
もし、詳しい料金をお知りになりたければいつでもお問い合わせ下さい。

それでは、皆さん。
またお会いしましょう。