OJI ランカウイ倶楽部

カヤック、マングローブクルーズ、フィッシング…さまざまな方法でランカウイを楽しめるツアーを企画しています。
おすすめはカヤック!カヤックの経験がなくても大丈夫!上手にコツを伝授してもらえます。
マングローブを巡り巡って帰る頃には自由自在に動き回れますよ。
最後には食事がついてきますが、この時にはその日初めて合った人とも打ち解けて、わいわい楽しく盛り上がります。
案内してくれるスタッフ達もみんなフレンドリー。もちろん日本語OKですので安心です。

CANOPY ADVENTURES(キャノピー アドベンチャー)

ランカウイでターザンごっこができます。
ロッククライミングならぬ、ジャングルクライミング!
今までになかったランカウイ自然の楽しみ方です。
忘れられない体験になる事間違いなし!
「ベストアドベンチャー ツアーマレーシア 2003/2004」という賞を受賞してるくらい、それは素敵なツアーです。
雲海山のオーナーシェフも興味津々。
ただし、日本語ガイドはありません…。お気をつけ下さいませ。

サンセットクルーズ

セイリングヨットに乗って海に落ちてゆく夕日を目指しましょう。
途中、海水天然ジャグジーという楽しいイベントも用意されてます。
水着に着替えてネットを張った海の中へドボン!そのまま船に引っ張られ、水流のマッサージがとっても気持ちいい~!
海の中で波にもまれながらのビールは最高ですよ。
きゃあきゃあ言いながらジャグジーを楽しんでスタッフ手作りのおいしいおつまみを頂きながらサンセットを待つ頃にはヨットの中はみんな仲良し。
気持ち良い風と綺麗な夕日に大口開けて感動してしまいますよ。
人気のツアーですので、事前の予約をおすすめします。

カンポン・ブクの滝

カンポン・ブクはガイドブックにも載ってる有名な場所です。
が、ここの奥に行水ポイントがあるんです。
やや獣道をちょっと進んだ所に、そんなに広くない水場が現れます。
膝下くらいの浅いところから、飛び込んで遊べちゃう深いところまでありますよ。
私はもっぱら浅いところでしゃがみ込んで、水をばちゃばちゃやって遊んでます。
小さい魚やエビなどをとっつかまえるも良し、地元の子供達と一緒に大飛び込み大会するも良し。
自分の遊び方を発見してくださいね。

よい子のための行水ポイント

  • おやつを持参しましょう
  • ゴミはきちんと持ち帰りましょう
  • 着替えを忘れないように
  • 岩場は滑りやすいので足下には十分に注意しましょう
  • 安全管理は個人の責任で。万が一の場合の責任は負いかねます

パシール・テンコラッ・ビーチ(ガイコツ海岸)

ランカウイで有名なのはパンタイチェナンのビーチ。ですが、島の北側にあるこちらのビーチは静かでローカルに人気です!
沖のほうにはタイ国の、昔流刑の地としてつかわれていた島も見え東南アジア感を身近に感じられます。
現在は自然公園となっていますのでご安心を。
ここにはピクニックテーブルや簡易シャワーなども利用可能ですので途中の屋台でスナックを買ってゆっくり海を楽しむのもいかがでしょうか?
※お猿さんにはご注意ください。

  • 場所:ダタイエリア

ランカウイで見られる生き物達

自然が豊かなランカウイ。日本では見る事のできない珍しい生き物が見られるかも?
!注意!どれもペットとは違いますので、絶対に触ろうとしたり近づいたりするのはやめましょう。特に猿は凶暴で怪我をする可能性があります。


  • 水牛
    その辺にいます。車を運転される方は注意してくださいね。特に夜は分かりづらいです。

  • カニクイザル
    道路の端でよくゴミをあさっていたりします。あんまりかわいくない、というか凶暴。

  • シロマブタザル
    カニクイザルよりレアでかわいい!こちらは木の上にいる事が多いです。

  • サイチョウ
    運が良ければ雲海山のテラスで見る事もできますよ!

  • ヤモリ
    いたる所にいるド派手なヤモリ。虫を食べてくれるありがたいヤツですよ!

  • アヤム(ニワトリ)
    その辺をウロウロしています。かなり大きくて2階の屋根くらいには飛んでいけます。

※ここに掲載されているのは掲載当時の情報です。内容が変わっている場合もありますのでご了承ください。